カテゴリー
ショッピングカートを見る
商品検索
ショップ紹介

shiho
大好きなドイツ。愛しのドイツ雑貨。
「古いもの」が受け継いできた物語、「新しいもの」がつくりだす物語。素敵なQronik(物語・歴史)を持った雑貨たちを紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
雑貨好き!雑貨屋さん検索サイト
rss atom
ホーム Lieblingsraum〜お気に入りの空間〜
ロシアからドイツへ行ったマトリョーシカ 〈USSRラベル付/“おじさま芸団”8つ組〉
もとはロシアの民芸品マトリョーシカ。
ロシアからドイツへ、そして今度は海を渡ってはるばる日本へやってきました。

マトリョーシカ第一号が削られたのは1898〜1900年の間。(1900年のパリ万博で、マトリョーシカは世界的デビューを果たします。)
この第一号は、モスクワ郊外のセルギエフ・パサートという町のおもちゃ博物館に飾られています。

ある説では、このマトリョーシカ第一号は日本の「フクルマ(フクロクジュ:福禄寿=箱根の入れ子七福神)」がもとになっているとか。
*ロシアでは“フクロクジュ”という発音ができず、“フクルマ”に。
このときの福禄寿人形も、上記おもちゃ博物館に飾られています。
福禄寿人形を見たロシアの工芸職人が、まねて作って誕生したのがマトリョーシカ。
いろいろな説がありますが、この一説は面白いね。

日本からロシアへ、ロシアからドイツへ、ドイツから日本へ。
福禄寿人形が姿を変えて戻ってきたよ。

マトリョーシカは派手な色合いやお化粧をした子など、いろいろな柄がありますが、こちらはおじさま柄。
オウムやラッパやボール、傘を持ったおじさまたち・・・芸団でしょうか。
一番小さい子(柄もなく、オレンジ色の物体)は、消えてしまいそうなくらいにちっちゃい!
まさに赤ちゃんです。

こちらのマトリョーシカは、裏に手書きのメッセージが。「ab heute=今日から ohne Beruf=無職 Glueckwunsch=お祝い」。
還暦かな。それとも、何か夢のために仕事を辞めて一歩を踏み出したのかな。
物語を感じます。

●サイズ(身長)*
大きなおじさま14cm, 11.5cm, 9.5cm, 7cm, 5.5cm, 3.5cm, 2cm, 1cm(ちっちゃい!)

※目立った汚れなどありませんが、歴史を背負った古いものだということをご了承ください。
※お花などの付属品はついておりません。

ロシアからドイツへ行ったマトリョーシカ 〈USSRラベル付/“おじさま芸団”8つ組〉
型番 C03-6-3
販売価格

0円(内税)

SOLD OUT