カテゴリー
ショッピングカートを見る
商品検索
ショップ紹介

shiho
大好きなドイツ。愛しのドイツ雑貨。
「古いもの」が受け継いできた物語、「新しいもの」がつくりだす物語。素敵なQronik(物語・歴史)を持った雑貨たちを紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
雑貨好き!雑貨屋さん検索サイト
rss atom
ホーム Esslust〜ドイツの台所〜
Colditz Porzellan社(CP社) DDRのミルクピッチャー
旧東ドイツ(DDR=Deutschen Demokratischen Republik、 英語表記ではGDR=German Democratic Republicドイツ民主共和国)の
Colditz Porzellan(CP)社。
ザクセン州にある、Colditz(コルディッツ)という町の老舗陶器メーカーです。

マイセンにも近く、陶器の町として名を馳せたコルディッツ。
当時の寝台・食堂車Mitropa(ミトローパ)で使われた食器の大部分はコルディッツ製。
そんな陶器の町で、CP社はVEB Colditz Porzellan(VEB=Volkseigener Betrieb=国営企業の意味)として、
陶磁器生産を開始します。
DDRに存在した、DDRの会社。

DDR時代 を生き抜いたCP社ですが、1990年営業停止。
現在、この町に陶器職人はいないそうです。

東西ドイツ統一という歴史の中に飲み込まれた、一つの陶器メーカー。

こちらは茶色とブルーのラインがとても素敵なミルクピッチャー。
ミルクピッチャーに出会えることはめずらしく、特にこのデザインに一目惚れして持ち帰ってきました。

底には、メーカーのロゴと「MADE IN GDR」の文字。
GDRの文字付きはめずらしいです(他国への輸出用を意味します)。

ティーポットとセットで出会えたので、何ともラッキー。
下の写真3枚目のようにセットで使うと、また素敵です。

●サイズ(概寸)*
直径(底辺)7cm×高さ6.5cm

※比較的きれいな状態ですが、歴史を背負った古いモノなので、若干経年上のスレやヨゴレがございます。カケなどの大きな傷はありません。
※同じデザインのティーポット(D02-4-1)もあります(下部写真参照)。セットではなく、それぞれ単体での販売です。
※コースターはついておりません。

Colditz Porzellan社(CP社) DDRのミルクピッチャー
型番 D02-4-2
販売価格

0円(内税)

SOLD OUT