カテゴリー
ショッピングカートを見る
商品検索
ショップ紹介

shiho
大好きなドイツ。愛しのドイツ雑貨。
「古いもの」が受け継いできた物語、「新しいもの」がつくりだす物語。素敵なQronik(物語・歴史)を持った雑貨たちを紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
雑貨好き!雑貨屋さん検索サイト
rss atom
ホーム Lieblingsraum〜お気に入りの空間〜
Wilhelm-Schweizer社  錫(すず)の飾り〈オクトーバーフェスト〉
ドイツ・バイエルン州にあるDiessen(ディーセン)という町は陶器や工芸品で有名な、芸術家の町。
ドイツ伝統工芸品の一つである錫(すず)細工の飾りもこの町で多く作られています。

修道院の多いこの地域は、巡礼者が多く集まるメッカ。
古くから鋳物業が営まれていたこの地域で、アダム・シュバイツァーは十字架やロザリオを作る工房を作ります。金や銀よりも安価な錫製の十字架は人々の救いとなり、人気沸騰。
ディーセンの錫製造の幕開けです。

ディーゼンにはいくつかのメーカーがありますが、こちらは1796年創業のWilhelm-Schweizer社。
200年以上の歴史を持つ老舗メーカー。
一つ一つ手作業で作られます。
繊細な細工や色づけに、職人さんたちの熟練の技がキラリ。

こちらはバイエルン州のミュンヘンで開かれるビール祭り「オクトーバーフェスト」の場面。
バイエルン音楽を奏でる楽団や、ちょっといい雰囲気のカップル、
わいやわいやとやんちゃな若者、
ビールを注ぐ店員や6本ものジョッキを運ぶバイエルン女性、
ジョッキを合わせて“Prost(乾杯)!”を楽しむ人々など、
陽気な雰囲気が伝わってくるね。
ブルー×白はバイエルン州の色。
細かい部分まで精巧に作られて、さすが職人技。

ドイツでも「高価なもの」として知られる錫飾り。
大切な人への贈り物や、自分へのご褒美に是非。
上部に紐をかけて壁にかければお部屋はたちまちバイエルン。

●サイズ(概寸)*一番長い横29.5cm×一番長い縦18.5cm×厚さ2mm

※未使用です。

Wilhelm-Schweizer社  錫(すず)の飾り〈オクトーバーフェスト〉
型番 W03-4-3
販売価格

0円(内税)

SOLD OUT