カテゴリー
ショッピングカートを見る
売れ筋商品
商品検索
ショップ紹介

shiho
大好きなドイツ。愛しのドイツ雑貨。
「古いもの」が受け継いできた物語、「新しいもの」がつくりだす物語。素敵なQronik(物語・歴史)を持った雑貨たちを紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
雑貨好き!雑貨屋さん検索サイト
rss atom
ホーム Deutsch-ism〜ドイツデザイン〜
Jena Glasのカップ&ソーサー 〈“JENA”コレクターズアイテム〉
シンプルでありながらも凛としたたたずまいで、蚤の市で一目惚れをしたカップ&ソーサー。
有名な磁器メーカー、旧東ドイツのJena Glas(イエナグラス)のものです。

こちらのカップ&ソーサーはとてもレア。
刻印が「JENAER GLAS SCHOTT&GEM JENA」と記されています。
なぜわざわざJENA(イエナ)という都市の名前が刻まれているのか、その歴史をご紹介します。

1884年 イエナという都市で、ガラス工学のエキスパートだったOtto Schott(オットー・ショット)、CarlZeiss(カール・ツァイス)等が 顕微鏡やカメラのレンズなどの光学機械部品を作る研究室"Schottガラス工房" を設立
1918年 「イエナグラス」ブランドで耐熱性の家庭用製品の製造をスタート
1919年 品質が認められ、カール・ツァイス財団占有企業となる
1920年 "Jenaer Glaswerk SCHOTT & Gen." に社名変更

第二次世界大戦でドイツは東西に分裂され、イエナは東ドイツとなりました。
西ドイツ側は、優秀な技術者たちを自国へ呼び寄せ、「西ドイツ製」としてイエナグラスを作り出します。
その拠点となったのがMainz(マインツ)。

そのため、西ドイツのマインツで作られた製品には『JENAER GLAS・SCHOTT & GEN., MAINZ(マインツ)』の刻印。
一方、もともとの東ドイツのイエナで国有ガラス工房として作られた製品には『VEB JENAER GLASWERK・SCHOTT & GEN., JENA(イエナ)』の刻印。
東西ドイツ分裂の時代には、1つの会社が東ドイツと西ドイツという2つの国に存在したのです。


小さな研究室が、その技術・研究開発により世界的な企業に発展し、 そのガラスの薄さと透明度、軽さ、強度は群を抜く、ドイツが誇るブランドです。

カップに注いだお水も透明度が増してキラキラ。

なかなか見つからないイエナの刻印。
おすすめのコレクターズアイテムです。

●サイズ(概寸)*
カップ:直径8.5cm(取っ手含む10.5cm)×高さ4.5cm
ソーサー:直径14.5cm×高さ1.5cm
※目立った汚れや傷はなくきれいな状態ですが、歴史を背負った古いモノということをご了承下さい。
※2セットではなく、1セット(カップ&ソーサー)のお値段です。

Jena Glasのカップ&ソーサー 〈“JENA”コレクターズアイテム〉
型番 B02-8
販売価格

4,700円(内税)

購入数