カテゴリー
ショッピングカートを見る
商品検索
ショップ紹介

shiho
大好きなドイツ。愛しのドイツ雑貨。
「古いもの」が受け継いできた物語、「新しいもの」がつくりだす物語。素敵なQronik(物語・歴史)を持った雑貨たちを紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
雑貨好き!雑貨屋さん検索サイト
rss atom
ホーム Werkzeugkasten〜ドイツの道具たち〜
DDR(ドイツ民主共和国)の地図
蚤の市でとってもレアなものを見つけました!
東西ドイツが分裂していた時代のDDR(ドイツ民主共和国)の地図。

DDRとは、第二次世界大戦後の1949年にドイツのソビエト連邦占領地域に建国された国家。
「旧東ドイツ」。
1990年10月3日、ドイツ連邦共和国(旧西ドイツ)に吸収されて消滅した国家です。

当初は5つの州(Land)による連邦制でしたが、1952年以降は14の県(Bezirk)に再編されます。
こちらの地図には、その14の県が書かれています。
また、東と西に分断されていた「ベルリン」の境界線も描かれています。

今は無き、DDRの様子が分かるこちらの地図。
古い地名や道路も細かく書かれ、「DDR」は確かに存在していたのだと感じることが出来ます。

●サイズ*
閉じたとき:約12.5cm×25cm
開いたとき:約119cm×86cm

※表面に角のよれやスレなどの経年を感じますが、地図自体に傷みはほとんど感じません。大きなヨゴレや破れはありません。歴史を伝える、古いモノだということをご了承下さい。